包丁やはさみはお手入れ次第で長く使える

包丁の基本的な扱い方を知ろう

材質によって特徴も大きく違う

包丁に使われる材質はステンレスや鋼、セラミックなどがありますが、材質によって切れ味やお手入れの方法、使いやすさも異なります。
主流なのはステンレスで、利点は錆びにくいことと、切れ味が落ちてきたら研ぐことができることですが、短所もあります。
鋼の包丁と比較すると切れ味が落ちる点や、研ぎやすい反面切れ味が長持ちしにくい点などが短所とされますが、お手入れの方法も含め、総じて家庭で使う上では扱いやすい包丁と言えます。
一方、鋼の包丁はステンレス製のものに比べると切れ味が良く、一度研ぐと切れ味も長持ちします。
一般的に上級者やプロは鋼製を使うことが多く、お手入れは使ったら乾いたタオルでしっかり水気を拭いて乾燥させることが大切です。

初心者はステンレスから使おう

ステンレス包丁は一般的に初心者から上級者まで、幅広く使われています。
鋼のものは、錆びが出やすくメンテナンスに気を使う反面、切れ味が良く上級者やプロに好まれます。
またセラミックは陶器製なので金属アレルギーを起こさず、切れ味も抜群という利点がある反面、扱いが難しいという短所もあります。
初心者や、扱いに自信の無い人にはステンレス製がおすすすめです。
錆びにくいので家庭でも気軽に使え、研げば切れ味も復活します。
しかし一般的にお手入れが簡単と言われるステンレス包丁も、切れ味や性能を長持ちさせるためには、気をつけたいこともあります。
普段使う上では、食器用洗剤で洗ってから乾燥させれば良いのですが、レモンや漬物などのように酸や塩分を多く含む食材を切った後、すぐに洗わずそのままにしておくと錆びが出ます。
万一、錆びてしまった場合にはクレンザーで磨くか、研ぐなどしてお手入れをしましょう。